訪問ありがとうございます!ゆっくりご覧ください!

Kindlepaperwhiteをスマホ・タブレットとは別に買うべき理由

 

 

 こんなあなたにおすすめ!
スマホで本を読むと目が疲れる

紙の本だとかさばるし重くて持ち出すのが億劫だわ

スマホで本読んでたのに気づいたらネットサーフィンしてた

 

 

このような悩みをお持ちの方向けの記事です。

 

私はKindleの端末がなくてもiPhoneとiPadのスマホアプリで本を読むことができます。

それでもあえてKindkepaperwhiteを購入した理由と、おすすめポイントを紹介していきます。

電子インクで目が疲れない

一番感動したのはこの電子インクです。

Kindleの公式HPには次のように書いてあります。

直接目を照らさないフロントライト方式で、目に優しく、実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示します。

Kindle公式サイトより引用

私はこの説明を読んだとき、『紙ではないのに実際のインク?』と思い正直意味が分かりませんでした。

ただ、実際に使うと、本当に紙と同じ読み心地です

スマホのように目がまぶしいと感じることもありません。

 

電車や外でスマホを使っていて光が反射して画面が見えないという経験は誰しもお持ちかと思いますが、

Kindkepaperwhiteの画面は眩しくて見えないということはありません。

場所を問わずいつでも読書ができます。

 

液晶を見続けて眼精疲労にお悩みの方には本当におすすめできます。

 

読書に特化している

本を読むことしかできない

これが意外に重要です。

今はスマホ・タブレットがあれば何でもできる時代です。

つまり手にしているだけでそれだけ誘惑が多いということです。

 

私もKindlepaperwhiteを買う前はスマホで本を読んでいましたが気づいたら他のことをしていた確率は100%です。

【本を読むことしかできない】というのは一見デメリットのようにも思えますが実は大きなメリットです。

 

私の子供はまだまだ読書ができる年齢ではありませんが、子供に渡しても読書しかできないという視点でもおすすめできます。

育児パパ
購入したすべての本を子供が読めてしまうのは困るな

という方もいらっしゃると思いますが、kindleでは本のダウンロードに制限をかけることができます。

あらかじめ読ませたい本だけダウンロードしておけば問題ありません。

辞書機能が内蔵されている

これは本当に素晴らしいです。

育児ママ
わからない言葉が出てきたからスマホで調べよう

こうなったら元も子もありません。

スマホを触った時点で他の誘惑が押し寄せてきます。

Kindleでは、わからない単語を長押しすると内蔵されている大辞泉で単語を調べてくれます。

 

Kindle 辞書

 

他にも英和辞書など様々な辞書を使うことができます。

読書に専念できるよう非常によく考えられています。

 

本体のスペック

容量

現時点で最新型の第10世代では8Gか32Gを選ぶことができます。

私は8Gにしました。

毎日家でダウンロードする機会がありますし、そもそも8Gでもかなりの冊数が入るからです。

小説:1M前後⇒8Gでも800冊以上
漫画:5M~10M程度⇒8Gでも80冊以上

ネット環境が家にない方、あるいは前述した子供に渡す方などはダウンロードが手間かと思うので32Gでもいいかもしれません。

サイズ感

高さは1万円札と同じくらいです。

片手で持てるため、ページめくりの際に両手を使う必要がないのも魅力です。

薄さも8.18mmとスマホより少し厚いくらなので入れようと思えばポケットにも入ります。

軽さ

本体の重さは182gであり、純正ケースをつけても片手で読書ができます。

Kindleより重い本はいくらでもあるため、どんな本でも182gで読めるのが素晴らしいです。

デメリットは?

白黒

カラーの本であっても、Kindlepaperwhiteで読むと白黒になります。

私はカラーじゃないと読みづらいような本は元々紙の本で買うのであまり気になりませんでした。

 

電子書籍にない本がある

私はKindleで読書を始めたとき

 

小説は全部Kindleで読もう!
こう思っていましたが無理でした。
東野圭吾、湊かなえ、宮部みゆき、百田尚樹など、有名な作家さんで電子書籍を出してない方が結構います。

これがなかなかのフラストレーションです。

いつの日か電子書籍で出してくれるようになるまでは諦めて紙で買うしかありません。

 

前のページに戻りづらい

紙の場合はペラペラめくって前のページにすぐに戻ることができますが、Kindleの場合は目当てのページに戻りづらいです。

 

テキストなど、何かを学ぶための本を読むときは前のページに戻ることも多いため、紙のほうが断然使い勝手が良いです。

 

『すべての本を電子書籍で読みたい』

とか

『紙の本しか読まない』

というように頑固になるのではなく、目的に応じて紙と電子書籍をうまく使い分けていけばとても快適な生活を送れると思います。

 

おまけ

電子書籍はものすごく安い

『そもそも紙の本でいいじゃん』という方向けのおすすめポイントです。

amazonで実際に比較していていただけるとわかりますが、値段が全然違います。

例えば、『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』という自己啓発のベストセラー本では

■紙(ハードカバー):2,376円
■電子書籍:1,620円

と756円も値差があります(2019/9/17時点)。

さらにAmazonではKindle本のセールが頻繁に行われており、30%~50%OFF(ポイント還元の場合もあり)になることも珍しくありません。

セールしなくても売れるようなベストセラー本なども普通に対象になったりします。

先ほど紹介した『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』を私が昔購入したときは499円でした。

7つの習慣

紙の本と上手く使い分ければお得に読書が楽しめます!

 

まとめ

私は正直な話、Kindleを買うまで半年くらい迷いました。

周りに持ってる人もいなかったため、本当に買う価値があるのか分からなかったからです。

 

今では思い切って買って良かったと思います。

前述したようにメリットがたくさんあります。

読書をする時間も明らかに増えました。

今までとは読書に対しての気軽さが違います。

 

購入を考えている方には自信をもっておすすめします!

 

 

以上、Kindlepaperwhiteについてでした!

それではまたのご愛読、よろしくお願いいたします!