訪問ありがとうございます!ゆっくりご覧ください!

マザーズリュックはベビーアムールが超おすすめ!【感想・レビュー】

 

 

 こんなあなたにおすすめ!
どのマザーズリュックが良いのかよく分からないな

ベビーアムールのマザーズリュックは実際どうなんだろう?

実際使っている人の感想を聞きたいな

 

我が家で購入したマザーズリュックは、今回紹介するベビーアムールで2つ目です。

 

この記事では、他のマザーズリュックを2年間使っていた経験を活かして購入した満足度抜群

 

ベビーアムール
マザーズリュック

 

について紹介します!

 

 

\ 現在の価格をみる /

 

 

ベビーアムールの特徴は?

まずはベビーアムールのマザーズリュックの特徴についてまとめます。

 

サイズ

タテ約38cm
×
ヨコ約36cm
×
マチ約18cm
少し奥行きがあるかな?と感じますがちょうど良いサイズ感です

 

重さ

約650グラム

軽くもなく重くもないといった印象です。
我が家で以前使っていたマザーズリュックは約700gなので少し軽い部類に入ると思います。
りんご約2.5個分だからキティちゃんより軽い!

 

素材

撥水機能付のナイロン製

汚れも目立ちづらく、丈夫な生地です。
撥水機能付きなのは嬉しいです。

 

付属品

おむつ替えシート(タテ約56cm×ヨコ約30cm)

哺乳瓶保温ポーチ(タテ約13cm×ヨコ約21cm×マチ約6cm)

メッシュ収納ポーチ(タテ約12cm×ヨコ約21cm×マチ約6cm)

 

嬉しい付属品があります。
保冷ポーチやメッシュポーチが取り外せることで、収納スペースをより柔軟に使うことができます。詳しくは後ほど説明します。

 

機能性

ベビーカーに固定するためのバックル付

前のマザーズリュックの時は100均のフックをベビーカーに取り付けて引っ掛けていました。
ベビーアムールはその必要が無いので楽です。

 


 

大まかな特徴はこんな感じです。

3つの付属品や、ベビーカーに固定するためのバックルなど、1つ1つの特徴が育児シーンにとても役立つものになっています。

 

ここから先は実際の収納力について紹介します!

 

 

ベビーアムールの収納力は?

 

ベビーアムールのマザーズリュックは収納スペースが多いです。

一つ一つのポケットが独立しているため、たくさんのものを小分けにして収納することができます。

 

まず、ポケットが6つあります。

  1. メイン収納
  2. サブ収納1
  3. サブ収納2
  4. サイドポケット左
  5. サイドポケット右
  6. 背中側収納

 

順番に説明します。

メイン収納

小分けできるポケットが5つ。
付属のおむつシートもキレイに収納可能
実際に荷物を入れてもキレイに収まる
3つ折りのおむつシートを広げるとこんな感じ

 

小分けのポケットが多いため、リュック内が乱雑になりにくいです。

開け口が斜めになっており、下の方にあるものを取り出しやすいよう工夫されています

 

おむつ替えシートが入っているポケットはゆとりがあるので、絵本などを一緒に入れることもできます。

底の方は広くなっているため、たくさんの荷物が入ります。

 

サブ収納1

付属のメッシュポーチと哺乳瓶保温ポーチがぴったり
実際に荷物を入れてもキレイに収まる
ポーチを取り出すと1つのスペースとしても使用可能

 

ポーチが取り出し可能なので、柔軟な収納スペースとして活用することが出来ます。

 

ポーチはそれなりの大きさがあるため、ポーチ単体としての使い勝手もいいです。

たとえば食事セットを入れておけば、外食の時にポーチごとテーブルに出して準備をすることが出来るのでものすごく楽です。

 

 

サブ収納2

小さめの収納
中に小さいポケットが1つ

 

小さめのスペースなので、小物を入れるのに適しています。

我が家では車の鍵などを入れています。

 

 

サイドポケット左

 

大きく開く収納スペースです。

カバンを片肩にかければリュックを降ろさずに開けられるため、よく使うものを入れるのがオススメです。

 

 

我が家ではパスケースを入れています。

 

 

サイドポケット右

 

ポケットティッシュを入れるためのスペースです。

3個くらいは普通に入ります。

 

真ん中のチャックを開けることで、取り出さずにポケットティッシュを取ることができます。

 

 

背中側収納

 

メイン収納とはつながっていない独立した収納スペースです。

背中側にあるため、貴重品類を入れるのに最適です。

 

厚みのあるものを入れると背負い心地が悪くなります。

他にも十分なスペースがあるため、我が家ではこのポケットは使っていません。

 

実際にリュックに入れているもの

 

我が家ではこれだけの量をマザーズリュックに入れています。

 

これだけの量を入れても、見た目はそれほど変わりません。

 

『大容量、かつ小分けのポケットが多い』という特徴はベビーアムールの大きな魅力です。

 

 

ベビーアムールの背負い心地は?

 

かなり背負いやすいです。

 

疲れないリュックの1番大切な条件は

ショルダーの幅が広くてクッション性がある

ことです。

 

ベビーアムールのショルダーはこの条件についてもよく考えられています。

背負い心地が軽快です。

 

ベビーアムールの幅は約6cm
固めのスポンジのようなクッション性もある
以前使っていたAOFIDERの幅は約4.5cm

 

以前のAOFIDERに比べて幅が約1.5cm違い、かつクッション性もあるため重さの感じ方がかなり変わりました。

 


 

ちなみにですが、参考までにエルゴの抱っこひものショルダーについても確認してみました。

重い赤ちゃんをしっかり支えるために、幅も厚みもかなりしっかりしています。

 

幅は約7cm
厚みも約3cmある

 

リュックでこれと同じ設計にすると、背負ったり降ろしたりする回数が多い分、おそらくかなり使いづらくなります。

マザーズリュックは抱っこひもと併用することも多いので、ベビーアムールくらいの幅やクッション性が最適かと思われます。

 

ベビーアムールを実際に使った感想・まとめ

実際の使用シーンをよく考えて作り込まれており、大満足の使い勝手です。

 

改めて、『良かったところ』と『使いづらかったところ』をまとめます。

 

 良かったところ

 大容量
 ショルダー幅が広いため疲れづらい
 2つの付属ポーチが取り外し可能で使いやすい
 おむつシートが付属(家用と外用で分けられる)
 ベビーカーに固定可能なバックル付きでフック要らず
 メイン収納の開け口が斜めになっているため中身がとても取り出しやすい
 カバンの中生地が紫で中身が見やすい(黒の場合)
 パパが背負ってもクールな見た目

 

 

 使いづらかったところ

 カバンの幅が少し広い(細い道を身体を横にして通るとたまに引っかかる)

 

 

良かったところが多く、非常に使いやすいです。

製造メーカーさんが時間をかけて、世の中のいろんなママやパパの要望・不満を慮(おもんぱか)ってこの製品を作り上げた経緯を容易に想像することができる仕上がりです。

 

我が家では1つ目のマザーズリュックを2年使った経験からベビーアムールに辿り着きました。

この記事を読んでくださった皆様にとって、この経験がお役にたてると幸いです。

 
 

\ 現在の価格をみる /

 

 

以前使っていたAOFIDERというマザーズリュックについてもこちら↓の記事で紹介しています。

関連記事

     こんなあなたにおすすめ! AOFIDERのマザーズリュックの使い勝手はどうなんだろう? どのくらいの荷物が入るんだろう?   […]

 

以上、ベビーアムールのマザーズリュックについてでした!

 

それではまたのご愛読、よろしくお願いいたします!