『節約しつつも、良いモノやサービスにはお金をかけたい!』そんなあなたのお役に立つ情報をお届けします!

Apple Watchの画面交換プログラムは症状が出ていなくても対象になるのか?【申込方法などを説明】

2019年8月末にAppleからApple Watchの画面交換プログラムが発表されています。

 

https://support.apple.com/ja-jp/screen-replacement-program-apple-watch-series-2-3

 

Apple Watchをお持ちの方は対象の可能性があるのでご確認ください。

この記事では、画面交換プログラムの詳細や、症状が出ていない私が実際に申し込んでみた結果を書いていきます。

スポンサーリンク

交換プログラムについて

この見出しをスキップ

交換プログラムが行われた理由は?

画面の縁の丸みを帯びた部分に亀裂が生じる可能性があるため

対象機種は?

Apple Watch Series 2 または Series 3 のアルミニウムモデル
症状が出ていない場合は交換対象にならない可能性が高いです。
2019/9/21に症状が出ていない状況で実際に交換プログラムを申し込んで確認していただいたところ、私の場合は交換対象ではないとの報告がありました。

対象期間は?

小売販売日から 3 年または交換プログラムの開始日から 1 年 (いずれか長い方)

交換プログラムの情報リリースが2019/8/31であったため、希望の方は遅くても2020/7月末までには手続きを終えるのが間違いなさそうです。

費用は?

無償

 

後回しにすると忘れる可能性もあるので、症状が出ている方はなるべく早く交換申し込みをしましょう。

スポンサーリンク

修理方法

3つの方法があります。

①Apple Store 直営店に持ち込む ※要予約

②Apple 正規サービスプロバイダに持ち込む

③Appleサポートに連絡して配送手配をする

詳細はこちら。

私は店頭に出向くのが面倒であったため

③Appleサポートに問い合わせて配送手配をする

を選びました。

いずれの場合も工場に送る必要があるようです。

私の場合は手元にApple Watchが戻ってくるまでに約2週間かかりました。

ここからは③の実際の手続きについて説明していきます。

スポンサーリンク

手続きの流れ

電話連絡の手配

私は2019/9/21(土)9:00にWeb上で手続きをし、2時間30分後の11:30に連絡をもらうよう手配しました。

手続きはappleのHPから行ってください。

 

テキスト

 

 

定刻に着信があり、まず自動音声が流れます。

オペレーターにつなぐか聞かれるため、該当のボタンを押すとすぐ担当の方につながりました。

電話の内容

私の場合は合計で20分かかりました。

電話をする前に①、③を実施することで時短になります。

①シリアル番号の確認

対象のシリーズかどうかを確認するためです。

確認方法を画像でお載せします。

 

シリアル番号

 

②実際に症状が出ているかの確認

画面割れの症状があるかの確認があります。症状がない場合は交換対象かの確認(修理工場への配送)を希望をするかのヒアリングがあります。

 

③ペアリングを外す

iPhoneとのペアリングを外さないと手続きが進められないと言われました。

方法を画像でお載せします。

 

④免責事項の説明

データの消失などについてAppleが責任を負わないことの説明があります。

⑤Apple Watch集荷日程の調整・住所の確認

私の場合は翌日のAMで調整いただきました。

ヤマト運輸の方が直接集荷に来るそうなので家族の誰かが在宅している必要があります。

⑥修理番号の発行について

修理の状況について問い合わせる時に必要な番号が発行されます。この番号を使えばWebでも状況確認ができます。

https://support.apple.com/ja-jp/repair

スポンサーリンク

配送後の流れ、結果

2019/9/22(日)AM

ヤマト運輸の方が集荷に来る。

Webで修理状況のステータスを確認するとなぜか梱包箱をお届け中。

 

 

2019/9/28(土)15:31

Appleからメールが届く。

使えない期間は1週間程度と案内を受けていたので、修理工場に到着した時点で1週間経過しているのは正直少し遅いと感じました。

 

スポンサーリンク


2019/9/30(月)13:46

Appleからメールが届く。

修理対象ではない旨記載あり。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

公式HPにはこのように記載があります。

ごくまれに、Apple Watch Series 2 または Series 3 のアルミニウムモデルの画面の縁の丸みを帯びた部分に亀裂が生じる可能性があることが判明しました。

『ごくまれに』という表現があるため症状が出ていない方は修理対象にならず時間の無駄になる可能性が高いです。

 

修理依頼の電話をした時、オペレーターの方も口には出さないものの「症状が出ていないのに本当に修理依頼するんですか?」と思っているのが伝わるような話し方でした(対応はとても良かったです)。

 

スポンサーリンク

 

結論としてはこうなります。

症状が出ている方

すぐに申し込みするべき。

 

症状が出ていない方

下記2点を承諾できる方は申し込んでみるのもアリ。

①修理対象にならない可能性が高い。

②約2週間Apple Watchが使えない期間ができてしまう。

 

以上、画面交換プログラムについてでした。

申し込むか悩んでいる方のお役に立てると幸いです。

 

私のように

『画面に少し傷がついちゃってるからあわよくば画面買えてくれないかな?』

と考えてる方は有償で修理を覚悟するか、またはこれを機にApple Watch series5への買い替えをご検討されるのが良いかと思います。

 

 

それではまたのご愛読、よろしくお願いいたします。

 

この記事を気に入っていただけた方はTwitterやFacebookページでのいいね、シェア、フォローをぜひお願いいたします!

 

この記事のTwitter投稿

 

この記事のFacebook投稿

Apple Watchの画面交換プログラムについて記事にしました!症状が出て無くても交換対象になるのかどうかを実際に申し込みをして試しています!申し込み方法についても詳しくまとめています😊✨#AppleWatch#画面交換プログラムhttps://tyuuryuu.com/applewatch-gamenkoukan/

中流階級ファミリーのLifeStyleさんの投稿 2020年1月10日金曜日

 

スポンサーリンク